よくある質問

資金編

Q1 建築費、⼟地代以外の諸費⽤はいくらかかるの︖

費⽤には、融資⼿数料、登記関係費⽤、⽕災保険、諸申請費等があり、約100万円〜150万円程かかります。

ただ、敷地状況等によって要な諸費⽤は異なりますので、詳しくは担当者にご相談ください

Q2 頭⾦は必ず貯めた⽅がいいの︖

ある程度の現⾦を預貯⾦などで持っている場合は、当然メリットとなりますが、資⾦を貯めている間の⾦利上昇や家賃の⽀払いなどを考えるとデメリットとなる事もあります。

いつが⼀番いい条件で建てられるのかを⾒極めることが⼤切です。

Q3 住宅ローンの⽉々の⽀払いの⽬安はいくら︖

借⼊ 1,000 万円あたりの⽉々の返済(ボーナス払いなし)で 28,112 円です。(変動⾦利 0.975%、35年払いの場合)

その他にも、3年、5年、10年固定⾦利やフラット35などの⻑期固定⾦利もありますが、それぞれお客様に合った返済計画をローンシミュレーションなどでご提案させて頂きます。 

 Q4 家を建てるときにかかる税⾦は︖また、税制度の優遇はあるの︖

⼀般的な場合、消費税、登録免許税、印紙税、不動産取得税、固定資産税等があります。消費税に関しては、平成25年9⽉30⽇までにご契約の⽅は5%が適⽤され、それ以降にご契約の⽅(うち平成26年4⽉以降にお引き渡し分)については8%が適⽤されます。また、不動産取得税についても、⼀定の条件を満たすことで⼟地、建物の控除を受けることができます。

さらに、住宅ローンを組んだ場合には、住宅ローン減税を適⽤することで、所得税、住⺠税の控除を受けることが出来ます。税制度については年度や予算によって変動するものもありますので、詳しくはお問い合わせください。

 Q5 新築にあたり親から資⾦援助があるときはどうすればいいの︖

親などから資⾦の援助を受ける場合でも贈与税は発⽣します。しかし、相続時精算課税制度や住宅資⾦贈与の特例を適⽤することで減税もしくは免税することができます。⇒https://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/sozoku/pdf/jutaku27-310630.pdf

相続時精算課税制度の場合、条件を満たせば2500万円までは贈与時には⾮課税になります。(相続時に相続財産として精算課税されます)

また、住宅資⾦贈与の特例では、平成27 年中は省エネ等住宅の場合1200万円(それ以外の住宅の場合 700万円)を上限額として、贈与税が⾮課税となります。⇒https://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/sozoku/pdf/jutaku27-310630.pdf

間取り編

Q1 間取りは⾃分で考えたほうがいいのでしょうか︖
もちろん考えて頂いた⽅がいいです。お客様の理想の住まいが、どのようなイメージを持たれているのかはっきり分かるため、打ち合わせ時により細かい打ち合わせができます。
Q2 2世帯で住みたいのですがプランは考えてくれるのでしょうか︖
もちろんです。お客様の⽣活スタイル・環境・思いから考察しお客様にあった間取りをご提案させて頂きます。
Q3 ⾞イスの家族がいるのですがバリアフリーのプランは考えてくれるのでしょうか︖
 もちろんです。間取りだけでなく、床材や設備、廊下の幅、⼈の動線など様々な視点から考察し、お客様にご 提案させて頂きます。
Q4 家相は考えてくれるのか︖
考慮します。⻤⾨や⼯事⽇程など様々な視点から考慮していきますので、気になる⽅はご相談下さい。
 Q5 2世帯住宅には⽞関が2つあったほうがいいのでしょうか︖ 
 決して、そうではありません。お客様の⽣活スタイル、家族の⼈数などお客様の状況によって必要な場合と必 要でない場合があります。
Q6 LDK に吹抜けを作るとエアコンの効きは悪いのでしょうか︖
悪いです。対策としましては、サッシをアルミ枠から樹脂枠に変えたり、床暖房したり、シーリンファンなど 様々な⽅法をして、夏と冬の対策をされるのをオススメします。
Q7 2Fにトイレはあった⽅がいいのでしょうか?
あると便利です。寝室が 2F で、トイレが 1F ですと、上り下りがあるので、⼤変かと思います。
Q8 窓の⼤きさや位置は選べるのでしょうか?
選べます。家具や動線、構造など様々な点で配慮をする必要がありますので、注意は必要です。
Q9 3F建ては建てられるのでしょうか︖
建てられます。規制(法律上)があったりしますので、まずはご相談下さい。
Q10 家の価格を安くするにはどうしたらいいのでしょうか?
間取りを正⽅形に近い形にされると安くなっていきます。
Q11 間取りを広く取りたいのですが、耐震上⼤丈夫ですか?
当社の設計基準み合わせた形で、ご提案させて頂きますのでご安⼼下さい。
Q12 隣の家が近くて⽇当たりが悪いのですがどうにかなりますか?
トップライト(天窓)や⾼窓をつけられることをオススメ致します。
Q13 ⾵が通りやすくしたいのですがどうしたらいいのですか?
お部屋に窓を⼆ヶ所(対⾓)設置あるいは、低い位置と⾼い位置に窓を設置するなど窓の位置に⼯夫をすると ⾵が通りやすくなります。

土地編

Q1 ⼟地を探したり調べたりする場合は、どのようにしたらいいでしょうか?
建築会社の⽅や不動産の⽅に探すエリアの相談をしましょう。同時に「以前に何があったか、交通量が多いか」など、担当者に調査していただくことをお勧めします。
Q2 ⼟地をいくつか探した中での選び⽅のポイントってありますか?
近隣や周辺環境を確認することをお勧めします。中でも、予算⾯での価格のことや、⼟地形状や⽇当たりがいいところなのか等も照し合せ、ご⾃⾝に合っているところを選べばいいと思います。
Q3 ⼟地に建築条件付きと記載されてある物件は、どのようなことなのでしょうか?
 建築条件付きと記載されてある⼟地物件は、指定された建築会社での建築が条件とされた物件です。
なので、希望される建築会社がある場合は、希望の建築会社で建築できないこととなります。
 Q4 以前あった境界杭が⾒当たらない場合、新たに境界杭を設置するには、どうしたらいいですか?
 境界杭はお隣との境界を明確にする⼤切なものです。⼟砂などで埋まったり、⼯事などでなくなることもありますので⽇頃から管理する必要があります。どうしても⾒つからない場合や⼯事などでなくなった場合には、「境界確定」を⾏なった上で、境界杭を復元したり永続性のある境界標を設置しましょう。
 Q5 登記簿には⾃宅の⼟地の地⽬が「雑種地」となっています。このままでもいいのでしょうか︖
 ⽥や畑、⼭林などを造成して住宅を建築した場合などでは、敷地の登記簿の地⽬を変更していない場合があります。このような場合は、登記簿の地⽬を「雑種地」から「宅地」へ変更する「地⽬変更」登記を申請しましょう。
Q6 ⼟地を決めようと思っていますが、地域によって建築できる・できないということがありますか?
建物編と重複することもあるかもしれませんが、決めようと思っている⼟地に建物が建築できるかどうかは、建築会社に相談することをお勧めします。法律上は、道が2m 以上接道していないと建築できないので、注意が必要です。