コンテンツ

土地編

Q1 ⼟地を探したり調べたりする場合は、どのようにしたらいいでしょうか?
建築会社の⽅や不動産の⽅に探すエリアの相談をしましょう。同時に「以前に何があったか、交通量が多いか」など、担当者に調査していただくことをお勧めします。
Q2 ⼟地をいくつか探した中での選び⽅のポイントってありますか?
近隣や周辺環境を確認することをお勧めします。中でも、予算⾯での価格のことや、⼟地形状や⽇当たりがいいところなのか等も照し合せ、ご⾃⾝に合っているところを選べばいいと思います。
Q3 ⼟地に建築条件付きと記載されてある物件は、どのようなことなのでしょうか?
 建築条件付きと記載されてある⼟地物件は、指定された建築会社での建築が条件とされた物件です。
なので、希望される建築会社がある場合は、希望の建築会社で建築できないこととなります。
 Q4 以前あった境界杭が⾒当たらない場合、新たに境界杭を設置するには、どうしたらいいですか?
 境界杭はお隣との境界を明確にする⼤切なものです。⼟砂などで埋まったり、⼯事などでなくなることもありますので⽇頃から管理する必要があります。どうしても⾒つからない場合や⼯事などでなくなった場合には、「境界確定」を⾏なった上で、境界杭を復元したり永続性のある境界標を設置しましょう。
 Q5 登記簿には⾃宅の⼟地の地⽬が「雑種地」となっています。このままでもいいのでしょうか︖
 ⽥や畑、⼭林などを造成して住宅を建築した場合などでは、敷地の登記簿の地⽬を変更していない場合があります。このような場合は、登記簿の地⽬を「雑種地」から「宅地」へ変更する「地⽬変更」登記を申請しましょう。
Q6 ⼟地を決めようと思っていますが、地域によって建築できる・できないということがありますか?
建物編と重複することもあるかもしれませんが、決めようと思っている⼟地に建物が建築できるかどうかは、建築会社に相談することをお勧めします。法律上は、道が2m 以上接道していないと建築できないので、注意が必要です。